読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国は日本に4.2兆円の借金がある・・中国経済学者の書き込みに「日本も中国で利益を得た」「問題は、多くの中国人が…」―中国ネット

中国版ツイッター・微博で34万人のフォロワーを持つという同国の経済学者が16日、「中国はこれまでに総額2248億元(約4兆2700億円)を日本から借り入れている」といった内容の書き込みをし、注目を集めた。書き込みの内容は以下のようなものだった。
「中国はこれまでに日本から総額2248億元を借り入れ、ほかにもさまざまな形の技術協力と無償援助を受けている。1989年の後、最初に中国に対する援助を再開したのは日本。中日友好医院、中日友好環境保護センターのほか、北京地下鉄1号線、北京首都国際空港武漢長江二橋などの建設にも円借款が使われた。日本の援助は全ての省、自治区直轄市に行きわたっており、トウ小平(トウは登におおざと)氏は『中国と日本はずっと友好関係を保っていく必要がある』と語っていた」
この書き込みが中国のインターネット・ユーザーたちの間で話題になり、コメントが続々と寄せられた。一部を拾ってみる。
「当時の日本の対中援助は、今の中国の対アフリカ援助と同じ。利益があるからやっている。日本と仲良くするのはムリかもしれないけど、敵対もするべきではない。お互いにうまく商売して、釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)の件は持ち出さないことだ」
「日本の融資は確実に中国の改革の大きな支えとなった。当時、日本も中国で利益を得ただろう。今の中国の対アフリカ援助と同じ。無駄に投じるカネなんてない」
「第2次大戦後に中国が賠償金を少しも要求しなかったことには触れないのか?」
「日本が与えるちょっとした恩恵に、あなたは大きな恩恵を感じるなんて!」
「だから、釣魚島は日本人に譲ろうって言うの?」
「日本だって儲かっただろ?」
「中国と日本は友好的であるべきだけど、民族の恨みは忘れられない。うちのおじいちゃんは日本人に撃ち殺されたんだ」
「中国と日本は元は一緒。どっちも漢字を使う国で、ずっと仲良くあるべきだ」
「中日友好、万歳」
「問題は、多くの中国人が知らないってこと!」
「その時代の日本は中国によくしてくれた。低金利の融資に砂漠の緑化対策、対中投資
「中国人は恨むばかりで感謝することを知らない」
「今、中国は国内の対立を日本に移転するだけ。ほかのやり方がないもん」
抗日ドラマばっかりだから・・・」
「クズみたいな歴史教科書のせいだ」
「こういうところ、中国って北朝鮮にそっくりだよな」
「中国と日本がずっと仲良しでありますように!」
「中国経済の今の好調は、日本の借款とアメリカの技術移転が大きな原動力となった」
「日本は素晴らしい国。中国みたいな劣等国とは比べられない」
「日本は人類の希望」
「でも、日本車で田舎に帰ると責められる」

女神転生